上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 私の守護精霊
先日、2回目の多摩動物公園に行ってきました。

前回に行ったのは2010年のクリスマス。


今回は何のために行ったのかというと、

BABIESを見るため♪


まずは、一番の目的だった、雪豹さん。


110919_05


この子たちは、5月に生まれたそう。

もう、むちゃくちゃかわいいです!


110919_04


次に、チーターさん。


こちらは、6月生まれだったはず。


110919_01


中でも、とっても珍しい「キングチーター」も。

110919_02


突然変異で、模様がトラのようにつながって出るらしく、

国内ではこの子1頭しかいないらしい!


ちなみに、チーターさんたちは、6月に生まれた子たちと、

4月に生まれた子たちが、時間差で公開されてました。


こっちが、4月に生まれた子。

もう大分大きくなってますね。


110919_03


ちなみに、タイトルの「守護精霊」とは、なんぞや、ということですが、

ちょいと昔に、「ライラの冒険・黄金の羅針盤」という映画が公開されたの、

覚えているでしょうか?

その世界では、ひとりひとりに必ず守護精霊がついている、っていう話で、

どんな内容だったのか忘れたのですが、

生年月日か何かで自分の守護精霊を調べることができたのです。


で、私の、守護精霊が、雪豹だったと、ただ単にそれだけ^^;



なんですが、その時、ダンナの守護精霊が「蜂」かなんかで、

「自分ばっかりかっこいいやつでセコイ(T△T)」と

謂れの無い非難を受けたため、

それ以降、ずーーーっと、

「私は雪豹で~、ダンナは蜂~~~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ」

とイジるネタにしている、という、そんな、

全くもって、ほんとにどーでもいいお話なのでした・・・・^^;







スポンサーサイト
9月11日、日曜日。


思い立って、富士山に登ってきました!

どうしても、どうしても今年中に登りたくなったのです。

「子供の頃に遠足で山へ行ったことがある・・・」

程度の登山ドシロートの私たち夫婦だったので、

夜中に登るのはあきらめて、日中にトレッキング感覚で登る気持ちで。

「無理そうだったら、引き返すのもやむなし。」

よく遭難や死亡事故のニュースにもなってますからね、他人に迷惑はかけてはいけません。

そこんとこ肝に銘じて、出発~。



土曜日の夜20時ごろ。レンタカーを借りて富士山5合目へ。

5合目の駐車場はもう満車だったので、少し手前の駐車場になりました。

それが、大体23時ごろ。

そして、仮眠を取って、AM4:30、出発です。


本当の5合目(?)をスタートした頃は、空が白み始めてました。

110911_01


相変わらず、写真とか撮りながらのんびりな私たち。

6合目に差し掛かるとこらへんで、御来光が。


110911_02


お天気もよさそうで、登山日和です。


110911_03


6合目で朝ごはん。

買ってきたパンを食べて、さて、がんばるぞー!

110911_04


頂上は全く見えないですね。

当然と言えば当然ですが。


110911_05


このへんはまだまだ余裕~。

でも、高山病にかからないよう、ゆっくりと。

と言いつつ、私たちはそもそも遅いので大丈夫ですが。


110911_06


湖も見えて来ました。

たぶん、富士五湖のひとつ、山中湖だと思います。


110911_07


そうして、こうして、7合目に到達!


110911_08


実はこの辺まではけっこう余裕。

お花を愛でる余裕もありましたしね(笑)


110911_11



この後、8合目の終わりまでが、ものすごーーーーーーく長くて、

地獄のような道のりでした(><)


110911_09

普段、引きこもりのような生活をしているSEには、

つらいつらい・・・。


110911_10



でもでも、ようやっと、たどり着いた8合目!(の終わりあたり)

(8合目の一番下の山小屋と一番上の山小屋にはかなりの距離があるのです)

110911_12


ところで、朝ごはんの補助用に持ってきたSOY JOYですが、

こんなパンパンになってました(笑)


110911_13


さてさて、8合目を超えれば、もうあと一息!

休み休みのぼり、ようやく9合目!


110911_14


この頃には、実は下には雲が迫ってきてました。

実は元々、曇り予想だったのですよ。


110911_15


まぁ、そんなこんなで、ようやく頂上!!


110911_16

いや~~~・・・しんどかった・・・。


110911_17


頂上まで、大体6時間ほどかかりました。

ちょうど、お昼頃に到着したので、

持ってきたおにぎりと、お味噌汁でランチ。

小さなコンロで入れたお味噌汁がかなりおいしかったです^w^

コンロ、持って行ってよかった!(持ってたのは旦那くんですがw)


そして、体力ないのに、根性と野次馬根性だけはある私は、

無謀にも、お鉢めぐりも決行。

「えぇぇぇ・・・また登るの!?」と

さっそく後悔しましたが^^;


110911_19


火口はなかなかの迫力!

これは、見れてよかったですね。


110911_18


本当に雲の上!


110911_20


おもしろい形の雲がたくさん見れました。

これは、タイムボカンっぽい!と話題に。(ふたりの間で 笑)


110911_21


更に高いところに鳥居がありましたが、

さすがに登る元気はなく・・・・^^;

写っているのは見ず知らずの方です。


110911_22


1周するのに、大体、2時間くらいかかったかな?^^;

お鉢めぐりをスタートした山小屋(?)は、上から見ると、

ドラクエに出てきそうな天空の町のようです。


110911_23


ここから、下山になりますが、

あまりにへとへとで全く写真を撮ってませんでした^^;

およそ、3時間半くらいかかったかな?


途中で、もうあきらめたくなるくらいに足が痛かったですが、

なんとか帰りつきました・・・。


自分の体力を過信してはいけませぬな・・・。



まぁ、でも富士山登頂、いい経験でした!

また登りたいと思っています^▽^


110911_24















今回も沖縄でたくさん、おいしいもの食べました^^

せっかくなので、ご紹介。



まず、沖縄じゃないけど、沖縄へ旅立つ際に羽田で食べた

トルコ料理のファーストフード店での「ドネル丼」とかなんとかだったような。

110905_F_01

ご飯の上にシシカバブ?のお肉と野菜。

それにオーロラソースをかけてあって、混ぜて食べます。

これが、意外においしくて、気に入ってしまいました^w^



次に、初日、万座でのダイビングの帰りに、

まっちに連れて行ってもらった「がじまる」。


110905_F_03

ここの、骨汁(ほねじる)は大人気らしく、すぐ売り切れるというので、

行く前に、まっちが電話で取り置きをお願いしてくれました。

110905_F_04

豚の背骨(だったかな?)を煮込んだ素朴なだし汁、

それにレタスと生姜。

背骨についた肉は夢中でホジホジカジカジする感じ。

このレタスと生姜がまためっちゃマッチしてます。

最後は出汁の中にご飯を入れて、出汁茶漬け風。

これまたウマイ!

最初見たときは、食べれきれなさそうな量に見えたけど、

ぺロっと食べれちゃいました~。

これは、またぜひ食べに行きたい、逸品でした^▽^

食べ終わった骨の残骸(笑)
↓↓↓

110905_F_05



この日の夜は、これまた、まっちに紹介してもらった、

「まーちぬ家」。

雰囲気がとても素敵。

110905_F_06

使われている食器も、すべて(?)やちむんなのが素敵♪

110905_F_07

食べたもの、ぜ~んぶおいしかったのですが、

翌日、まっちに「イカスミじゅーしーが絶品」と教えられ、

「遅いよ!言うのが・・・」って感じでした(笑)

ちなみに、食べたのは「イカスミソーメンチャンプルー」。

こちらも、かなりおいしかったですけどね^^

今度行ったら、じゅーしー頼むぞ!

ちなみに、食べるのに夢中で、写真は一枚もありませんでしたorz


2日目のダイビングの後、「沖縄ぜんざい」のお店に連れて行ってもらいました。

ここは、とても有名なお店だそうです。

110905_F_08

沖縄ぜんざい、ってかき氷なんですね!

初めて食べました。

110905_F_09

すごい大きさだったのですけど、わかります?

この、大きな顔とタメはるくらいの大きさなんです(笑)

110905_F_10


そして、山原の帰り道に寄った「前田食堂」

110905_F_12


ここでは、人気だという「肉そば」を。

モヤシとお肉を塩コショウで炒めたものが山盛り乗っている沖縄そば。


110905_F_13

今までにない味わいで、不思議とくせになりそうで、なかなか美味。

ちなみに、有名人が訪れた写真が色々貼ってあったのですが、

中には、ダウンタウンの松ちゃんまで!!

でも、すごーく嫌そう~な顔でお店のおばちゃんと写っていたので、笑っちゃいました(笑)

まぁでも、断りそうな人に思えるのに、一応ファン(?)サービスするんですね^^


そして、帰りに自販で見つけた「ブルーシール」のチョコドリンク。

なかなかしっかりした味わいで、私はけっこう好きかも?

110905_F_14


そんでもって、最後に・・・・。

いつも夢中で食べるので、すっかり写真を忘れるのですが、

まっちが船の上で出してくれる、「マチダにおまかせ500円」のランチ!!


今回はやんばる豚の三枚肉を煮込んだものと、冷やし中華。

冷やし中華のタレまで自家製なんですよ。

いつもいつも、すごくおいしいです♪

写真がないので、せめて、旦那くんが盗撮した、

デザートの桃を切ってくれているまっちの写真でも。


110905_F_11



以上、この夏最後の沖縄レポートでした^w^



最終日。

今回は初めて山原(やんばる)地方へ。

山原と言えば、ヤンバルクイナ!ですが、そんな簡単に見れるものでもないようです^^;

でも、珍しい鳥が見れるのでは!とダンナくんは、もうウキウキ。


途中の道の駅で、鳥を見つけたので教えてあげたら、

カメラ片手に出かけたきり、待てども待てども帰ってこない・・・・。


私が見つけたのは「イソヒヨドリ」という鳥さんで、

ダンナくんは初めて見た子だったそうで、ストーカーよろしくひたすら激写していたそうな・・・。


110905_B_01


ちなみに、鳥を見る(or撮る?)のを趣味としている人たちを「バーダー」と言うそうですが、

その人たちの用語(?)として、生まれて初めて見た鳥のことを「ライファー」というらしいです。

つまり、イソヒヨドリくんはダンナにとってのライファーなんだそうで。

ところで、ライファーとは英語で終身刑囚という意味なんだそうですが、

どういう由来でそう言うのかは、わかりません^^;

そして、どっかのブログに書いてありましたが、海外でも「ライファー」と言ったりするみたいです。




そういえば、この道の駅では、他にも「リュウキュウツバメ」も見ましたよ。

こちらもライファーで、ダンナくん、到着前からかなりテンション↑↑でした^^;

(ちなみに今回紹介してる鳥さんはみんなライファーです)



前日に名護まで北上しておいたので、目的地は2時間ほどで到着。

目的地は「比地大滝」。

入場料500円を払って入ります。

軽いトレッキングって感じて、とても気持ちの良い場所でした。


110905_F_01


すぐ写真を撮るために立ち止まってしまう私たちは、

どんどんどんどん人に抜かされるのですが、

まぁ、のんびり行きましょう~ってことで。


110905_F_03


ここには、色んな生物がいますが、中には本州で見れないものも。


まず、いきなり、「ホントウアカヒゲ」という日本にしかいないという鳥さん。

国指定天然記念物で、絶滅危惧種でもあるらしい。

110905_B_02


絶滅なんて悲しいことになりませんように・・・。



昆虫もたくさんいました。


これはモンキアゲハというらしいです。

普通種ですが、日本最大級の蝶だそう。


110905_A_01


こちらは、リュウキュウルリモントンボ。

すごく儚い感じ。


110905_A_13


キノボリトカゲ(たぶん)もいました。


110905_A_14


気に入ったのは、「リュキュウハグロトンボ」

青い羽根と緑の胴体が美しい。


110905_A_12

羽根を広げると、×印になっていて、とても愛らしいんです。

(画像悪いですが、こんな感じ)


110905_A_11


この子は停まっている時も、時々、羽根をパタっと開く動作をするのですが、

とてもゆっくりに見えて、実は写真にも撮れないくらい速いんですね^^;

旦那くんがなんとか連写で雰囲気だけ捉えたので、どうぞ。


110905_A_02

110905_A_03

110905_A_04

110905_A_05

110905_A_06



そんなこんなで、長い時間かけて、ようやくゴール地点の「比地大滝」へ到着。

さすがに涼しく、マイナスイオンが漂っています。


110905_F_02


さて、ここからは折り返し。

同じ道を歩くのですが、今度は、途中で川にも降りてみました。

110905_F_04


水が思ったよりも冷たくて、気持ちよかったです。

蝶もたくさん水飲みに来ていましたよ。


こちらは、「リュウキュウアサギ」。

110905_A_09

この後、左から飛んできているモンキアゲハに蹴散らされます(笑)



トンボの産卵シーン。

旦那に教えてもらって、初めて見ました。

都会っ子なんで(笑)どうも虫とかよく知りません^^;(苦手だし)

110905_A_08


後、ちょっと衝撃だった蝶が、「イシガケチョウ」

飛んでる時は普通だったのに、着地するとき、ペタンと平べったく紙のようになるんです!

この写真でわかるかな?^^;

110905_A_07

いや~~~。びっくりした・・・・。


そして、トレッキングも終わりに近づいたころ。

今回、旦那くんのテンションを最大にまで上昇させた鳥さん登場。

「アカショウビン」です。

ただ、実は、アカショウビンなのかリュウキュウアカショウビンなのか、

判断つかず・・・^^;

色で見分けるらしいんですが、わからん~~~。


110905_B_04


まぁどっちにしても、旦那は前から「見たい!」とずっと言ってた鳥さんなので、

よかったね^^

想像してたより大きくて、とてもきれいな鳥さんでした。

一体、何枚(というか何百枚?)撮ったのだか、またまたストーカーよろしく

ひたすら追いかけていたので、こんなシーンも。


110905_B_03

カニさんをいつの間にか捕まえてたり、


110905_B_05


トカゲさんをいつの間にかくわえてたり・・・・。


ハンターだ・・・^^;



本当は他の場所にもちょっと行ってみよう~

なんて予定してたのですが、まったく時間がなくなり、

帰途に着くことになったのでした(笑)


まぁ、ここだけですごく楽しめたので、よかったです。

今度は、もっとじっくり山原を楽しんでみたいな~。

マングローブカヌーとかもしてみたいしね^^



今年最後となる(だろう)沖縄へ、行ってきました。

もう一日、なんとか夏休みが取れそうだ!

と意気揚々と予約とか済ませたのに、

まさかの台風11号発生! Σ( ̄□ ̄;

急きょ日程を1週間ずらすも、更なる台風12号の台頭により、

あわや、飛行機が飛ばないか!と心配しましたが、無事飛びました。


最初、羽田から飛び立つ私の方がヤバイかと思ってましたが、

あれよあれよと西へずれて、結局、関空発の旦那くんが本気でヤバイ状態に!

いつの間に、雨男から荒れ男にグレードアップしていたのだ、旦那くんよ・・・

まぁ、でも、なんとかたどり着いた沖縄は、とっても良いお天気だったのでした。

3日くらい前に1週間ずらす決断をしたワタシ、GJ★



今回は、私たちのほかにゲストがひとり。

かわいい女の子♪

なんと、私たちが通ってた串本のショップでライセンスを取ったらしい~。

会ったことがなかったのが残念でした。


万座へ行くも、彼女のリクエストの万座ホールには行けず・・・。

残念だったけれど、なかなか楽しいダイビングでした♪



今回はやたらと縁があったカエルアンコウくん。

大きい子より小さい子の方がかわいくて良いです^w^


110903_01


なんか、ネットがつりさげられてました。

前は下に落ちてたらしい。

でかいものを見上げるのって、どうしてこんなにドキドキするのだろう。

(高層ビルを下から見上げるの大好き)


110903_02




2日目は、ようやく念願の遠征!!

渡名喜(となき)島です!


2時間近くかけて船でたどり着くその海は超ブルー!


1本目は、カメとサメ(ホワイトチップ)が見れただけで、

まっちが言うには「はずした」そうですが、


110903_04
ちょっと遠いところを無理やり撮ったので、見難いです・・・




110903_05
背びれがね、白いの。だからホワイトチップ。


果てしなく広がる、なーんにもない青い空間は、

癒し効果があり・・・・。

まぁ、私はそれなりに満足でしたよ^w^まっちさん。


110903_03




まぁ、でも、今度は本領発揮したこのポイントにも潜ってみたいとこです。



2本目は、地形ダイビング。

真っ暗な洞窟の中を突き進んでいくと・・・・

青い青い空間。


110903_07


この部屋?でまっちが記念撮影らしきものを撮ってくれたのですが、

3人ともどうしていいかわからず、ぼ~っと浮いていたら、

後でまっちに怒られちゃいました(笑)

なんか、泳いでくるとかしたらよかったらしいです^^;

次は打ち合わせをしてリベンジしたいところ。


110903_06

それにしても、青い光ってどうしてこんなに気持ちが落ち着くのだろう。

踏切に青いライトを設置すると、自殺が減るとも聞きますしね。

会社の電気もすべて青に変えるべきではなかろうか・・・。

そしたら、少しは気持ち安らかに仕事ができるのでは。


110903_09


そして、暗闇の中、必死で、ハート形のハートウォーミングな写真を撮っていたら、

(私の)ライトを(半永久的に?)貸してある旦那においてけぼりにされました・・・orz

ハート、ブロークン。

まぁ、ストロボのターゲットライトあるからいいけどさぁ。ぶつぶつ・・・。


110903_08



外に出ると、サンタのブーツの形をした岩。

なんかかわいいです。


110903_10


ちなみに、この最後、まっちがすごい勢いで浮上して行ったので、

どうしたのか、と思ったら・・・・。

カメラが水没しかけたのだそうで^^;

なんとかカメラは壊れなかったようですが、

その後の船上で、名残惜しそうにハウジング(カメラの防水ケース)を何度も

手に取るまっちの背中に哀愁が漂っていたのでした。

(まぁ、壊れなくてよかった!)



さて、3本目は、お魚天国。

見渡す限り、さかな、さかな、さかな・・・・

思わずスーパーで流れる歌が頭をよぎります。

♪さかな~を食べ~ると~♪

110903_11


ここは、おいしそうなカスミアジがやたらと人懐っこくて

(というか、人間をものともしていない?)

ぼけーーーっと、岩にへばりついている私に、幅寄せをかましてきたりしました(笑)


110903_13


少し、流れが強めのドリフトだったのですが、

流れに乗って漂うのは大好き(逆らうのは嫌い)なので、

とても気持ちよかったです♪



ちなみに、今回、ついにまっちが新のインストラクターの仲間入りをしました!

というのは・・・

先日、お客さんに「インストラクターさんは皆、バブルリング作れるんですか~?」と

言われたそうで^^;

(もちろん、イントラにそんな条件ありませんよ)


毎回、安全停止の間に練習を重ねてた、まっち。

なんと、最後の最後についにコツをマスター。

記念すべき写真です。


110903_14


このワッカ、浮上するにつれ、大きくなっていくんですよ。


110903_15


私も昔からずっと練習してるんだけど、

なかなかうまくできません・・・。


そのうちマスターしたいものです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。