上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週のことになりますが、


ある婦人科系の病気が疑われるということで、


検査&治療を兼ねた手術を受けるため、


5日間ほど入院というものをしていました。



実は、インフルエンザにさえなったことがないという


筋金入りの?健康優良児な私は、


もちろん入院なんてものは初めてで、


なんか色々と考えさせられる経験でした。


あ、もう退院はしてまして、


もちろん元気です。


すぐ頭痛がするのと、疲れやすいのとで、


あまり無理はしないようにしようと思ってますが。





近所にある府立の大きな病院ですが、


なかなか良かったと思います。


といっても、経験値があまりにも無いので、


比較のしようもないですけれど^^;




「簡単な部類の手術だから」


と先生がおっしゃる割には、


主治医の他に、麻酔科医が2名、看護師さんが3名も


ついてくれてました。(それが普通なのかな?)



手術は、下半身麻酔で。


脊椎に入れる麻酔がめっちゃ痛いという情報をネットで見て


びびってたので、麻酔科医の先生に、


「痛いって聞いたんですけど(;_;)」


って聞いたら、「そんなことないですよ」って。


「ほんまかよ!?」と半信半疑でしたが、


ほんとにあんまり痛くなかったです。


痛みに弱いと自負できるヘタレな私でも


大丈夫でした(笑)


かなりビビってましたけど^^;





その病院では、麻酔をした後は、翌朝まで


寝たきりを強要(笑)されるため、


ほんとに腰が痛くって・・・


しかも朝まで点滴がついているから、


1時間おきに看護師さんがチェックに来てくれるため、


ほとんど寝れず、早く朝にならないかと、


心から願ってました(笑)


自分の力で寝返りがうてないような、


寝たきりの方を思うと、


たった一晩でこんなにへこたれている自分を


情けなく思います。


ほんとに、健康であることってありがたいことだー。





自覚症状も全くなく、


たまたま府だか市だかの無料検診で異常が見つかり、


そんなこんなで、とんとん拍子で(?)こういう状況になりましたが、


ずーっと放っておくとかなりマズイことになる病気なので、


早めに見つかったのはほんとラッキーだったなーと思います。


まぁ、実際、そんな結果を聞いたときには、


一瞬、頭が真っ白になりましたけれど(笑)


素直にそう思えるようになるまでには、


相当、ネットとかで色々しらべまくりましたよ^^;





ちなみに、麻酔を受ける人は2日前から入院する決まりらしく、


なので、最初の2日間は、自覚症状もなにもない私は


ほんとヒマで、一日中、本を読んでDSで遊んでました(笑)


21:30消灯だったのですが、


普段、そんな時間にはまだ仕事していることが多いので、


もちろん寝付けません。


それもつらかったなー(笑)ぜいたくなもんです。




そういえば、入院前の検査で、


「HIVの検査をすることに同意をします」という


同意書にサインを求められました。


「絶対に調べられたくない」っていう人は、


拒否してもいいらしいですが、


ここで検査しておくと、もし万が一、今後罹患した際にも、


時期の判明などにも役立ちますよ、と説明されました。




もちろん、サインしましたけれど、


こうやって改めて検査することを意識すると、


ちょっとドキっとする自分がいたことにびっくりです。



もちろん、普通に一般的な人生を歩んできたことは間違いないですが、


それでも、可能性はゼロではないんだなーと改めて意識したのです。



もし若いころに無茶とかしてたとして、それで結果が悪かったりしたら、


「若気のいたり」なんて笑って済ませられないよな、と。


どんなに後悔するだろうか・・・と。


でも、いくら知識としては知っていても、


実際にそういう状況になってみないと、


自分のこととして考えたりできないもんだよなぁ、と。


そんなことを徒然と考えてみたり。


(あ、もちろん、無茶なんてしてない、平凡な若者でしたけどね^^;)




結果は、陰性でした( ´o`)п< ほっ


B型肝炎などその他の病気も大丈夫だったそうです。


あ、でも、O型のRH+ではあるけれど、


抗体かなんかの形がちょっと変わってるかも?とかなんとかで、


それは、もうちょっと検査結果を待たないといけないといわれました。


(今ネットで調べたらヒットしたけれど、「不規則抗体」とか言ってたような。)



そういえば、その結果を聞きそびれたので、


今度の診察の時に聞いてこなければ!




まぁ、そんなこんなで、本当に健康のありがたみを


ひしひしと感じた厄年の春。




みなさんも、健康にはくれぐれもご留意くださいませ。








スポンサーサイト
旦那くんが、大きなレンズを手に入れたので、



試し撮りにと、いつものごとく、大阪城へ行きました。



お天気も良く、桜もかなり見頃で、



ものすごい人でした。



100403-02



「絶対、知っている人いるよなぁ~」



なんて言いながら、ぶらぶら。



現に、お友達のMゆちゃんがお花見していましたし(笑)



100403-04



100403-03




桜も見事ですが、桃園の桃もまだまだきれいでした。



100403-01



梅林では、実がなっています。



100403-05



ひとしきりウロウロして、フランクフルトを食べて、



豊国神社をお参りし、そして帰り道、



ものすごい人だかりに出くわしました。



「なんだろう?」と思って近づいてみると、



マラソンの高橋尚子さん!!!



100403-06



何かのイベントで来てたのかな?



思ったよりちっちゃくって、かわいかったです!




2010.04.01 おしどりさん
最近、グチ日記だったので、気分を変えて、


3連休の思い出でも記録しておきます♪





3連休の初日、オシドリが見たい、ということで


茨木市の耳原公園(みのはらこうえん)に行ってきました。


写真は、私のと旦那さまのとが混じってます。



耳原公園には大きな池があって、その中央に島があります。


その島には大きな木が立っていて、


カワウとアオサギが鈴なりになっていました(笑)


100320-01
ホントにうじゃうじゃ木にくっついてました



お弁当を作って持っていったので、まずは腹ごしらえ。


100320-03



鳥を見に行くのに、焼き鳥弁当とはこれいかに(;´▽`


と、食べながら気づきました(笑)


食べ終わった後、池をぐるーっとまわってみるも、


オシドリさんは見当たらず。


でも、鳥さんはたくさんたくさんいます。


100320-02
カルガモさんとか


100320-07
アオジさんとか



100320-08
ヒヨドリさんとか



おもしろいのは、何羽ものカワウが枝をくわえて住処に戻り、


それをポイっと捨てることを繰り返す様子。


巣を作るため?と思ったけれど、何で捨てちゃうの?


お気に召さなかったのでしょうか?


100320-09



その中でも、びっくりするくらい大きな枝を持ち帰ろうとしている子を発見。


100320-10
重かったのか?池に着水。



100320-11
よいしょよいしょとよじ登り


100320-12
ご満悦な様子




池を半周くらいしたとこらへんで、大きな望遠レンズのカメラを持った


おじさんに、「オシドリいましたか?」と聞かれ、


「まだ見てないんです」とお返事。


おじさんは、その後、ひたすらその場所で待機。



100320-04




私たちは池を一周し、カワセミさんもいるという話なので、


「一度、山の方に登ってみよう~」とウロウロ。



100320-14




そしたら、バードウォッチャーのおじ様とおばさま2人の3人グループに遭遇。


「ほら、シメがいるよ。シメシメ」なんておじ様の親父ギャグに


笑いながら、親切にものぞかせてくださった、デジタルスコープの


鮮明さにびっくりしました。


100320-05
この子がシメ。私のカメラでは最大望遠でもキツイです・・・



「ほら、あれがシロハラよ」なんて、遠くから見分ける眼力がすごい!


100320-06
シロハラくん。やっぱり小さい^^;


とても親切な方たちだったので、「カワセミはいますか?」と聞くと、


「今日は出てないみたいだねぇ」とのこと。


「じゃぁ、オシドリは?」とさらに尋ねると、


「オシドリは雄が2匹いるよ。よく捜してごらん」と。


全く無知な私たちは、オシドリさんたちは池を泳いでたりするのじゃなく、


島の中にいること、さらに、水際あたりを捜したらいい、ということを


教えてもらったのでした。


そんなわけで、再度、池をぐるーっと。


さっきの望遠おじさんも休憩しつつ、まだネバっていらっしゃいました。


そのすぐ近くで私たちも島をじーーーーーーーーーっと凝視。


ようやく発見!!!


わーい。オシドリさんです。


かなり遠いので、大変。


写真は、最大望遠(たしか18倍くらい)で撮ってます。



100320-15



一生懸命撮ってたら、アオサギさんが邪魔をしにきました。



木の枝?を、くわえては


100320-16




ひっぱり


100320-17




くわえては


100320-18



ひっぱり


100320-19




すごーく邪魔なんですけれど、延々と同じ作業を続ける姿が


おかしくもかわいかったのでした(笑)




そんなこんなでひとしきり写真を撮って、またウロウロ。


カメさんや、お花を激写してみたり。


100320-13




そして、また回ってくると、望遠レンズのおじさんは、


カルガモさんたちにパンをあげて遊んで(?)いました。


しばらくその様子を見ていたその時!!



なんと、オシドリさん、突如、池に飛び込み、


猛然とパンを目指してやってきたのです!


(オシドリさんは、普段、どんぐりなどの木の実を食べるそう)


100320-20



私たちは興奮して写真を取りまくり。


おじさんはパンを投げながら、やはりシャッターを切りまくり。




100320-21



100320-22



ひとしきりパンを食べて、満足したのか帰っていったオシドリさんを


見つめながら、「いや~。パンを食べるオシドリなんて初めて見ましたわ」


とつぶやいたおじさんだったのでした(笑)





ちなみに、土手で見つけたツクシ、何本か持って帰って、


晩御飯の一品にさせていただきましたですよ♪



100320-23






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。