上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかお久しぶりの日記です。

仕事が異様に忙しくて、大変でしたが、とりあえず一山超えました。

(まだ2山ほどありますが)

1週間の残業時間が60時間を越えるなんて、有り得ない・・・(@_@;)

確実に今月の残業は100時間超えるけれど、

36協定のせいで、ちょっとサービス残業。

お客さんがいるんだから、やらないわけにいかない状況で、

36協定ってむしろ労働者の敵ではないかと思う今日この頃です。

================================================================

まぁ、グチはこれくらいにして、登山第2弾のご報告です。

今回は、ダンナの部署の人たちと

総勢9人で、筑波山に行ってきました。


秋葉原から「つくばエクスプレス」に乗り45分。

つくばからバスで30~40分くらい。

まずは神社でお参りをしてから、登山開始。


111002_01


登山道は木々がうっそうとしてて、なかなか気持ちが良いです。

手を突いて登らないといけないような岩場もけっこうあるので、

短いけれど、そこそこハードな感じでした。


111002_02


でも、おじいさんとかおばあさんとかもたくさんいたので、

そんなに大変でもないのかも??


途中で、ぱっくり折れた木が。

先日の台風15号の爪あとだそうです・・・。


111002_03



ところで、この山は奇岩がたくさんあって、おもしろいのですよ。

いくつかご紹介。

<<弁慶の七戻り>>

今にも落ちてきそうな岩に、弁慶でさえも七戻りしたと言われるらしい。


111002_04


ダンナの位置から見るとこんな感じ。

確かに、今にも落ちてきそう!?(写真でわかるかな?)


111002_05



<<大仏岩>>

見たまんま。ほんまに大仏さんっぽい(笑)


111002_06



<<ガマ岩>>

ガマの口に見えるところに、石を投げ入れて、うまく入ると願いがかなうとか。

試しに2回ほどやってみましたが、

うまく入ってもコロコロと転げ落ちてきてしまうのです・・・。


111002_08


だめだこりゃ。とあきらめた横で、

小学生くらいの男の子がぽ~んと投げた石ころは、

あっさりとガマの口の中にとどまったのでした。

純真さの違いか・・・ OTL



まぁ、そんなこんなで、ようやくたどり着いた頂上(付近)。

とっても景色がよく、気持ちよかったです!


111002_07



お昼は、「つくばうどん」を。

つ=地鶏のつみれ

く=地元産ごぼうなどの黒野菜

ば=ローズポークのバラ肉


だそうで(笑)


111002_09

お味は、まぁまぁおいしかったかな。

ちょっと薄味でしたけれどね。



さて、お腹いっぱい、となったところで、下山なんですが、

なんと、この頂上付近のあたりで、私は足を捻挫し、

無念のリタイア・・・・。


下山はあきらめて、ケーブルカーに乗ったのでした(><)

まぁ、ケガしたのが頂上で不幸中の幸い・・・。

通りがかったおじさん、おばさんの集団が、

テーピングなどの治療をしてくれて助かりましたm(_ _)m



ちなみに、ダンナくんはちゃんと下山しましたよ。


ちぇー(><)



そのうち、リベンジしようと思います・・・・。





スポンサーサイト
2011.09.28 私の守護精霊
先日、2回目の多摩動物公園に行ってきました。

前回に行ったのは2010年のクリスマス。


今回は何のために行ったのかというと、

BABIESを見るため♪


まずは、一番の目的だった、雪豹さん。


110919_05


この子たちは、5月に生まれたそう。

もう、むちゃくちゃかわいいです!


110919_04


次に、チーターさん。


こちらは、6月生まれだったはず。


110919_01


中でも、とっても珍しい「キングチーター」も。

110919_02


突然変異で、模様がトラのようにつながって出るらしく、

国内ではこの子1頭しかいないらしい!


ちなみに、チーターさんたちは、6月に生まれた子たちと、

4月に生まれた子たちが、時間差で公開されてました。


こっちが、4月に生まれた子。

もう大分大きくなってますね。


110919_03


ちなみに、タイトルの「守護精霊」とは、なんぞや、ということですが、

ちょいと昔に、「ライラの冒険・黄金の羅針盤」という映画が公開されたの、

覚えているでしょうか?

その世界では、ひとりひとりに必ず守護精霊がついている、っていう話で、

どんな内容だったのか忘れたのですが、

生年月日か何かで自分の守護精霊を調べることができたのです。


で、私の、守護精霊が、雪豹だったと、ただ単にそれだけ^^;



なんですが、その時、ダンナの守護精霊が「蜂」かなんかで、

「自分ばっかりかっこいいやつでセコイ(T△T)」と

謂れの無い非難を受けたため、

それ以降、ずーーーっと、

「私は雪豹で~、ダンナは蜂~~~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ」

とイジるネタにしている、という、そんな、

全くもって、ほんとにどーでもいいお話なのでした・・・・^^;







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。